新しいものづくりがわかるメディア

RSS


数時間のトレーニングでアクロバット飛行するAIドローン——ループやフリップ、バレルロールも

Image: Elia Kaufmann

チューリッヒ大学とIntelは2020年6月23日、ドローンと人工ニューラルネットワークを組み合わせて、自律的なアクロバット飛行を可能にするアルゴリズムを開発したと発表した。ニューラルネットワークのトレーニングのために人がドローンを操縦する必要はなく、シミュレーションだけで完結する。公開された動画では、4つの回転翼を持ったクアッドコプターが、ループやフリップ、バレルロールなど複雑なアクロバット飛行を披露している。

このシステムは、ドローンに搭載したカメラとセンサーからのデータを直接制御コマンドに変換するため、シミュレーション上で軌道パターンを教えれば、ドローンパイロットが何年もかけて習得するような難しいアクロバット飛行も、わずか数時間後にはドローンができるようになる。人が実演したり、実データで微修正する必要がないという。

研究チームを率いるDavide Scaramuzza教授は、「我々のアルゴリズムでは、優秀な操縦者でも難しいとされるアクロバット飛行を習得できる」と語る。現在は人による操縦の方が、予期せぬ状況や周囲の変化に素早く処理できるうえに、適応が速いものの、その俊敏性とスピードをフル活用して効率的に長距離を移動すれば、捜索、救助活動、配達サービスの拡大が期待できるだろう。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る