新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発

Yichao Zhao/UCLA

UCLAの研究チームは、スマートウォッチを生化学的なヘルスケアモニタリングシステムにアップグレードできる粘着フィルムを開発した。汗に含まれる代謝物や栄養素を検出し、リアルタイムでスマートウォッチに表示できるというもので、研究の詳細は『Science Advances』誌に2020年3月20日付で掲載されている。

一般的なスマートウォッチは、歩数や睡眠時間、心拍数、血圧などを測定、記録する機能を備えており、スマートフォンや他のデバイスと連携して、長期間の健康状態を記録することも可能だ。

今回研究チームは、スマートウォッチの裏面に貼ることのできる使い捨ての両面フィルムを開発した。このフィルムは肌に触れる面で汗の中にごく微量に含まれる生化学分子を検出し、スマートウォッチ側の面では検出した化学信号をスマートウォッチに表示するための電気信号に変換する。検出する分子は、体の代謝レベルを示すグルコースと乳酸、コリンなどの栄養素だ。

センサーを両面接着剤と垂直導電性フィルム上に形成することで、外部コネクターは不要となり、一般的な電子機器に簡単に取り付けられるだけでなく、ユーザーの動きを制限しないというメリットがある。

研究チームは、今回はこのシステムで動作するスマートウォッチと専用アプリを製作したが、将来的には一般的なスマートウォッチにも適用可能だとしている。

開発したスマートウォッチを、デスクワークしている人やボクシングのような激しい運動をしている人を対象にテストしたところ、さまざまな場面で効果を発揮した。フィルムの粘着性は十分であり、リストストラップなどをつけなくても1日中密着させることが可能だった。

研究リーダーであるUCLAサミュエリ工学部助教授のSam Emaminejad氏は、ウェアラブル技術を用いて汗から指標分子を検出する研究を主導しており、今回の研究結果は、その技術を広く応用できる可能性を示すものだといえる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る