新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

教育用ワンボードマイコンmicro:bitを搭載した2輪走行ロボット「TPBot」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

TPBotは、子どもが好きなようにトイブリックを使い組み立てられ、簡単に動作をプログラミングできるロボットカー。子どものイマジネーションとクリエイティビティを刺激し、遊びながらコーディングや問題解決スキルを身につけられる。

photo

TPBot単体でも基本的な機能を持ったおもちゃとして遊べるが、教育用ワンボードマイコンmicro:bitを使ったプログラミングが可能だ。ライントラッキングや障害物回避、ボールを追いかけるといった高度な制御もでき、遊びや学習の幅が広がる。

photo

本体の横にあるロックジョイントや、トップにあるバンプにトイブリックを取り付けることで、デザインや機能のカスタマイズができる。リアにはセンサーとサーボ用ポートを備える。オプションで、ブリックパック、NeoPixel、カラーセンサー、Trimpot、ジェスチャーセンサーを用意している。

photo

子どもでも簡単にプログラミングをはじめられ、TPBotの動かし方を学べる「プログラミングコース」も提供する。コーディングは、Microsoftが提供するオープンソースのプログラミング学習プラットフォーム「MakeCode」を使う。MakeCodeグラフィカルプログラミングとPythonに対応する。Joystick:bitを使ったリモコン操作も可能だ。

photo

本体サイズは113×128×90mm。バッテリーは乾電池4本を使用する。

photo

TPBot本体とmicro:bitを、今なら予定小売価格から30%オフの379香港ドル(約5100円)で入手できる出荷は2020年9月の予定で、205香港ドル(約2780円)で日本への出荷に対応する。

TPBotは、2020年8月20日までクラウドファンディングを実施中。8月11日時点で、3万8766香港ドル(約53万円)の目標を上回る約10万香港ドル(約140万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  3. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  4. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. アイアンマン風ジェットスーツ、試験飛行に成功——徒歩25分かかる救助現場へわずか90秒で到着
  8. Autodesk、3Dプリント/3D CAD制作ソフト「Fusion 360」の新規エクステンション4種をリリースへ
  9. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  10. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る