新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ストーリーを楽しみながら電気の基礎を学ぶ——子ども向け電子回路学習キット「EdBoard」

子ども向け電気回路学習キット「EdBoard」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

EdBoardは、レベルに応じたストーリーを楽しみながら電子回路を組み立てられる学習キット。遊びの要素や視覚的に理解できる手軽さを備えながら、実際のエンジニアリングスキルを身につけられる。

photo

回路を組むのは、透明なプラットフォームにマグネット式の電子部品を置くだけでよく、ブレッドボードのように細いリードを差し込む作業が不要で、子どもでもストレスなく学習を進められる。また、単に電子回路の試作をするのではなく、ストーリー上の課題を解決する目的があるため、子どもでも飽きずに楽しく作業を進められる。

photo

ストーリーは架空の街Sparkdaleが舞台で、さまざまなキャラクターEdBugsが抱える問題をホタルのLizzyとともに解決する。ストーリーカードをEdBoardに挿入し、その上に電子部品を配置していく仕組みだ。

photo

最も基本的な「Main Street Traffic Light Circuit Story」は、制限時間内に信号機を設置することで、電気の流れと回路の基礎を学ぶ。キットの内容は、EdBoard、ストーリーカード、マグネット式電子部品×35(LED 配線 抵抗 電源 ボタンなど)、マニュアルなどだ。

photo

他にも、動きやノイズを出す部品で回路を組み立てる「Haunted Hotel Circuit Story」などのストーリーを用意している。毎月新たなストーリーが楽しめる拡張キットを販売する予定だという。

photo

またオプションで、各ストーリーの回路を実際に段ボールに組み込みプロトタイプを作製できるカードボードビルダー「Creator Kit」をアドオンする。

photo

EdBoardのMain Street Traffic Light Circuit Storyのキットは、今なら予定小売価格から35%オフの数量限定早割価格49ドル(約5100円)で入手できる。2021年5月の出荷を予定しているが、今のところ出荷はアメリカ国内のみに対応する。

EdBoardは、2020年8月20日までクラウドファンディングを実施中。8月17日時点で、3万5000ドル(約368万円)の目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る