新しいものづくりがわかるメディア

RSS


視線でスマホを操作する——Raspberry Piで動くヘッドバンド型アイトラッカー「Hypervisor」

NY在住のハードウェアハッカーのZack Freedman氏は、手が使いにくい状況でも電子機器の操作がしやすいように、ヘッドバンド型のアイトラッカー「Hypervisor」を開発中だ。キーボード、マウス、タッチスクリーンの代わりに、頭の動き、視線、まばたきを使って、PC、スマホ、タブレットのクリックやドラッグアンドドロップができる。

Hypervisorは非接触型のアイトラッカーで、片方の目の前に置いた赤外線カメラ、額に付けたフルカラーカメラ、赤外線トランシーバーなどを使って、どこを見ているか、どのデバイスを使っているか正確に特定する。センサー情報は、StereoPiキャリアボードとRaspberry Pi Compute Module 3+で処理される。

まず、動かしたいデバイスにレシーバーをインストールし、ヘッドセットを装着すると、コンピュータービジョンが頭の向きと視線を検出し、ユーザーが見つめている場所にカーソルを置く。まばたき1回でクリック、目を細めるとドラッグ、まばたき2回でスクロールできる。

Freedman氏は、Hypervisorをユニバーサルな入力デバイスとして「Hackaday Prize 2020」コンテストにエントリーした。熱対策として、小型のヒートシンクとファンも組み込んでいる。部品の開発は順調で、現在はソフトウェアやOpenCV視線算出システムなどに取り組んでいるということだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る