新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8MBRAM、128MBフラッシュ搭載——Arduino Zero互換ボード「SAMD21 M0+ DL8128」

32ビットマイコン「SAMD21G」搭載Arduino Zero互換ボードがKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

「SAMD21 M0+ DL8128」は、ARM Cortex M0+コアを備えたAmtel SAMD21Gを採用した小型Arduino Zero互換ボードは最大48MHzで動作し、マイコン内蔵の32KBのRAM、256KBのフラッシュの他、ボード上に8MBのRAM、128MBのフラッシュを搭載する。SPIバスに接続したオンボードメモリにより、パワフルなプロセス/データストレージ能力を発揮する。

SAMD21Gのほとんどのピンがユーザーアクセス可能なため、ユーザーは豊富なピン機能を活用し独自のプロジェクトに利用できる。また、UARTポートを2つ用意しており、2つの通信デバイスを遅延のストレスなく同時に接続できる。Arduino ZeroブートローダーがインストールされているためArduino IDEを利用でき、充実したライブラリーの活用やmicro USB接続によるプログラミングにも対応する。

動作電圧は3.3Vで、バッテリー(2~4.5V)、ソーラー(5~9.5V)、USB(5V)からの給電に対応する。ユーザーI/O ピン×25、PWM に利用できるピン(ユーザーアクセシブル)×18、I2Cポート(SCL、SDA)、I2Sポート(FS、SCK、MC、SD)、UART×2ポート(UART TX、UART RX)、SPI1ポート(SCLK、MISO、MOSI)などを備える。ボードのサイズは46×21×5mmだ。

SAMD21 M0+ DL8128は、今なら数量限定の早割価格35シンガポールドル(約2700円)で入手できる。2020年10月の出荷を予定しており、日本への送料は10シンガポールドル(約770円)だ。7000シンガポールドル(約54万円)の調達を目標に、2020年9月9日までクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る