新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチエデュケーション、「bitPak:おみくじ貯金箱」を販売開始

スイッチエデュケーションは2020年8月20日、「bitPak:おみくじ貯金箱」の販売を開始した。

bitPak:おみくじ貯金箱は、教育用ワンボードマイコン「micro:bit」を使用して、コインを入れるとおみくじを引ける機能が付いた貯金箱を作るキットだ。

同梱のワークショップモジュールを利用して、ペンライトやミニカーといったさまざまな作品を作成可能だ。またワークショップモジュール以外にも、筐体や工作で使う厚紙が同梱されており、コインを入れると尻尾を振るネコの貯金箱など、アイデア次第でさまざまな貯金箱を作成できる。

キット内容は以下の通りだ。キットにmicro:bit本体は含まれていないため、作成の際にはmicro:bit1台を別途用意する必要がある。

  • ワークショップモジュール×1台
  • 貯金箱パネルセット×1セット
  • ネジセット×1セット
  • M3×8mmネジ×8本
  • M3ワッシャー×8本
  • M3ナット×8本
  • フォトインタラプターセット×1セット
  • サーボモーターセット×1セット
  • サーボホーンサポーターセット×1セット
  • 厚紙(B7サイズ)×2枚

スイッチサイエンスのホームページにて、価格は4510円(税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る