新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチエデュケーション、「bitPak:おみくじ貯金箱」を販売開始

スイッチエデュケーションは2020年8月20日、「bitPak:おみくじ貯金箱」の販売を開始した。

bitPak:おみくじ貯金箱は、教育用ワンボードマイコン「micro:bit」を使用して、コインを入れるとおみくじを引ける機能が付いた貯金箱を作るキットだ。

同梱のワークショップモジュールを利用して、ペンライトやミニカーといったさまざまな作品を作成可能だ。またワークショップモジュール以外にも、筐体や工作で使う厚紙が同梱されており、コインを入れると尻尾を振るネコの貯金箱など、アイデア次第でさまざまな貯金箱を作成できる。

キット内容は以下の通りだ。キットにmicro:bit本体は含まれていないため、作成の際にはmicro:bit1台を別途用意する必要がある。

  • ワークショップモジュール×1台
  • 貯金箱パネルセット×1セット
  • ネジセット×1セット
  • M3×8mmネジ×8本
  • M3ワッシャー×8本
  • M3ナット×8本
  • フォトインタラプターセット×1セット
  • サーボモーターセット×1セット
  • サーボホーンサポーターセット×1セット
  • 厚紙(B7サイズ)×2枚

スイッチサイエンスのホームページにて、価格は4510円(税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る