新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無人搬送ロボットなどの構築に——ロボット用マルチインターフェース基板「Moab」発売

アトラックラボは2020年8月21日、ランニングエレクトロニクスと共同で開発したロボット用マルチインターフェース基板「Moab」の販売を開始した。

Moabは、ローバー型ロボットなどの開発時に、インテルNUCなどのコンピューターと周辺デバイスの接続を可能にするネットワーク接続型インターフェースだ。

ベースマイコン基板としてSTマイクロのMbed基板を採用し、数秒でのロボット起動やプログラム暴走時の非常停止、手動操縦切り替えなどの機能を搭載している。

また、GPS/RTK-GPS/シリアル/PWMなどのインターフェースと、電源やIMUを内蔵しローバー型ロボットによく用いられる各種センサー類を、ネットワーク(UDP)を通じてメインコンピューターに接続できる。

さらに、メインコンピューター側通信ライブラリーとしてMoab ToolsをGitHubで公開しており、周辺機器のコントロールに利用できる。

アトラックラボはローバー型ロボット構築の総合環境「AT-Drive 環境」を提供しており、ローバーモデルのソフト/ハード開発、開発支援を担う。AT-Drive Moabシールドの価格は1万8000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る