新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Sub-1GHz無線対応の多機能ツール「Flipper Zero」

Sub-1GHz無線対応の多機能ツール「Flipper Zero」がKickstarterに登場し、わずか8分で目標額を達成して、目標額をはるかに超える資金を調達するほど人気を集めている。

Flipper Zero

Flipper Zeroは、Sub-1GHz(300~348MHz/387~464MHz/779~928MHz)無線、RFID(125kHz)、赤外線通信機能を搭載した小型デバイス。IoTデバイスの制御、EM4100対応RFIDカードの読み取り、赤外線リモコン、U2Fセキュリティキーなどさまざまな用途に使用することができる。

Flipper Zero

Flipper Zeroは、マイクロプロセッサーにSTM32(Cortex-m4/80MHz/128KB SRAM/Flashメモリー1MB)を採用している。ファームウェアはオープンソースで、GitHubで公開される。ユーザーは公開されるファームウェアを元に、独自プラグインを作ったり機能を拡張したりできる。

無線モジュールにはTI CC1101を採用しており、独自プロトコルやデコーダーなどのワイヤレスアプリケーションを書くことができ、IoTデバイスなどとの接続に使用できる。また、ポピュラーなリモコンアルゴリズムのデコーダーが組み込まれており、不明な無線システムのプロトコルを調べることも可能だ。

Flipper Zero

Flipper ZeroはGPIOピンも備えており、他のデバイスをGPIO接続してFlipper Zeroのボタンやディスプレイを使うこともできる。また、背面には1-Wire通信用のパッドがあり、iButtonキーの読み取りや書き込み、キーのエミュレーションなども可能だ。USB Type-Cポートも備えており、ファームウェアの更新や入力デバイスのエミュレートなどもできる。

Flipper Zero
Flipper Zero

Flipper Zeroの大きさは39×98×24mmで、重さは140g。ディスプレイは128×64ピクセルのモノクロLCDだ。Sub-1GHzアンテナは本体左端に、RFIDアンテナは背面に配置されている。電源は2000mAhリチウムポリマー電池で、バックライトオフの状態で最低7日稼働するという。

Flipper Zero

ディスプレイに表示されるイルカのキャラクターは、Flipper Zeroを使ってデジタルシステムとやり取りしていくと、往年の育成ゲーム「たまごっち」のように成長し、次第に個性を見せるようになるという。

Flipper Zeroの早期割引価格は、119ドル(約1万2600円)。出荷は2021年2月の予定で、日本への送料は確定していない。

なお、Flipper Zeroの無線機能を日本国内で使うには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

Flipper Zeroは6万ドル(約640万円)を目標に、2020年8月29日までクラウドファンディングを実施するが、2020年8月25日時点で目標額をはるかに超える約410万ドル(約4億3500万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る