新しいものづくりがわかるメディア

RSS


茶葉ごとに最適な条件でお茶を淹れる——LOAD&ROAD、スマートティーポット「teploティーポット」発売

LOAD&ROADが、茶葉の魅力を最大限引き出すスマートティーポット「teploティーポット」を2020年8月29日に発売する。

photo

同社によると、さまざまな種類の茶葉を最適の状態で抽出するためには、茶葉量や水量、抽出時間、抽出温度などコントロールしなければならない要素が多い。もちろん茶葉によっても条件が異なる。teploティーポットは、これらの条件の違いを自動的に制御し茶葉に関する知識がなくても本格的な味と香りを楽しむことができる。

photo

ジャンピングや蒸らし、浸しなどのお茶の種類ごとに異なる抽出方法の全てに対応する独自の抽出テクノロジーと、お茶の生産者や専門家などにヒアリングやテイスティングを実施して作成したお茶の種類別の最適な抽出条件を登録したデータベースを専用アプリに搭載。お茶の種類を選択するだけで、最適な抽出温度や時間、抽出方法を自動制御する。

photo
photo

また、飲み手に適したパーソナライズな抽出は、脈拍や指の温度、室温、湿度、照度、騒音レベルを内蔵したセンサーで計測/解析し、飲み手の気分や体調、周囲の環境に合わせた最適な条件でお茶を淹れることができるとしている。

photo

本体サイズは約200×約200×約200mmで重量が約0.85kg、容量は約350mlだ。公式茶葉2パックセットが付いて価格は2万5000円(税別)となる。

今回同時に、1つのグラスに薄い飲み口と厚い飲み口の両方を持たせた新しいデザインの「teploグラス」も発売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る