新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Bugatti、89年前の子ども向け電気自動車「Baby」を現代に蘇らせる

2019年のジュネーブ国際モーターショーで披露された「Bugatti Baby II」の生産が開始された。Bugatti Baby IIは、Bugattiが1920年代から1930年代にかけて製造販売した電気自動車「Bugatti Baby」を現代に蘇らせたモデルだ。

Bugatti Babyは、1924年にリヨンで開催されたフランスグランプリに登場して以来、2000回以上レースに勝利した往年の名車「Bugatti Type 35」を、2分の1のスケールで製作した子ども向け電気自動車。6歳~8歳児が乗れるように作られており、12ボルト電池で動き、最高速度は時速20キロ。1927年から1936年にかけて、500台販売された。

Bugatti Baby IIは、Bugatti Type 35の設計図を基に4分の3のスケールで復刻され、大人も乗れるようになっている。リチウムイオン電池で動き、最高速度は、初心者モードで時速20キロ、上級モードで時速45キロに制限されている。

価格は基本モデルが3万ユーロ(約370万円)。上位モデルとして、カーボンファイバーボディの「Vitesse」(4万3500ユーロ/約540万円)、アルミボディの「Pur Sang」(5万8500ユーロ/約730万円)がある。上位モデルは、オプションで「Speed Key」が使用可能で、スピードリミッターを解除することができる。

Bugatti Baby IIは500台の限定販売で、ジュネーブ国際モーターショーでの発表からわずか3週間で完売したという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る