新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電波を使ったレーダーセンサーA111を搭載——スイッチサイエンス、「A111搭載測距モジュールピッチ変換基板」を発売

スイッチサイエンスは「A111搭載測距モジュールピッチ変換基板」の販売を2020年8月27日から開始した。

同製品は60GHz帯の電波を使用したAcconeer製レーダーセンサー(A111)を搭載しており、距離の他、動き/速度や材料の検出、高精度な物体追跡が可能だ。Raspberry Piと接続すれば距離だけでなくさまざまな情報を取得できる。

レーダーセンサーは、赤外線や超音波を利用した従来の測距方式と比べ遮蔽物に左右されにくい利点がある。

最大測定距離は2mまで。基板上に電源ICと電圧変換ICを搭載しているため、1.8~5Vで使用可能だ。

Raspberry Piに直接接続するための26ピンのピンソケットに加え、Raspberry Pi以外でSPI通信するための端子も備えている。

スイッチサイエンスのホームページにて、価格は4950円(税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る