新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電波を使ったレーダーセンサーA111を搭載——スイッチサイエンス、「A111搭載測距モジュールピッチ変換基板」を発売

スイッチサイエンスは「A111搭載測距モジュールピッチ変換基板」の販売を2020年8月27日から開始した。

同製品は60GHz帯の電波を使用したAcconeer製レーダーセンサー(A111)を搭載しており、距離の他、動き/速度や材料の検出、高精度な物体追跡が可能だ。Raspberry Piと接続すれば距離だけでなくさまざまな情報を取得できる。

レーダーセンサーは、赤外線や超音波を利用した従来の測距方式と比べ遮蔽物に左右されにくい利点がある。

最大測定距離は2mまで。基板上に電源ICと電圧変換ICを搭載しているため、1.8~5Vで使用可能だ。

Raspberry Piに直接接続するための26ピンのピンソケットに加え、Raspberry Pi以外でSPI通信するための端子も備えている。

スイッチサイエンスのホームページにて、価格は4950円(税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る