新しいものづくりがわかるメディア

RSS


出力3000mWのポータブルレーザー刻印機「Wainlux K6」

出力3000mWのポータブルレーザー刻印機「Wainlux K6」がIndiegogoで注文受付中だ。

Wainlux K6は、木材、皮革、プラスチック、アクリル、ゴムなどへの刻印が可能なレーザー刻印機。出力3000mWのレーザーが、同クラスの刻印機に比べ、より高速かつ硬い表面への刻印を可能にしているという。

Wainlux K6

Wainlux K6では、彫りたい文字や絵の画像をスマートフォン上の専用アプリで選択して編集し、Wi-Fi経由で送信して刻印することができる。コンピューターとUSB接続して刻印することももちろん可能だ。

Wainlux K6

Wainlux K6は、JIS C6802が定めるクラス4に分類されるレーザー製品だが、保護レンズを内蔵しており、使用時に保護メガネを着用したりシールドを設置したりする必要がないという。また、3軸加速度計で機器の予期しない動きを検知すると直ちに停止する設計になっており、オーバーヒートに対する保護機能も備わっている。

Wainlux K6がサポートするファイル形式はJPEG、JPG、PNG、BMP。iOS10以上、Android4.4以上、MacOS10.13以上、Windows XP/Vista/7/8/10に対応している。

Wainlux K6

Wainlux K6の大きさは172×172×162.5mmで、重さは0.9kgだ。加工エリアの大きさは80×80mm、解像度は508dpi、動作速度は最高1500mm/分。電源電圧は110~220V ACだ。

Wainlux K6の割引価格は、1387香港ドル(約1万9000円)。出荷は2020年10月の予定で、日本への送料は155香港ドル(約2100円)だ。

Wainlux K6のクラウドファンディングキャンペーンは既に終了しており、記事執筆時点では予約注文を受け付けるInDemand状態にある。2020年8月31日時点で、キャンペーン目標額8万香港ドル(約110万円)の100倍を超える約940万香港ドル(約1億3000万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る