新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キセル型電子タバコ「電子煙管 虎御前」がMakuakeに登場

キセル型電子タバコ「電子煙管 虎御前」が、クラウドファンディングサイトMakuakeにてプロジェクトを開始した。

photo

電子煙管は、キセルという独特の細長い形状を生かしてリチウム電池を複数搭載し、電池にかかる負荷を軽減しているため、長時間の使用と耐久性を実現。ミストを凝縮するヒートユニット一体型の吸い口を持ち、気流検出センサーによって吸引するだけで自動動作する。火皿に内蔵したLEDが稼働や警告を知らせ、「簡単」「使いやすい」「安全」な電子タバコだとしている。

photo

開発元によると、禁煙や分煙といった健康と、日本文化が注目されている昨今、電子煙管を通して、懐古型コンテンツの「花魁」や「浴衣、着物」などと合わせ、情緒に浸るための道具として、幅広い層のニーズを取り込むのが狙いだ。

photo

2018年にキセル型電子タバコ第1弾「電子煙管 初陣」を公開販売後、1年6カ月をかけて開発、検証、試作を行い、素材や電子回路の仕様全てを刷新した。

photo

セット内容は、火皿バッテリー、組み立て済ヒートユニット、予備ヒートポール、充電器、取り扱い説明書。本体は、全長約330mm(バッテリー+ヒートユニット)、重量約120g(液体を除く)。火皿バッテリーは、バッテリー容量約400mAh、出力3.3±0.1V。充電器は入力/出力5V0.5A。ヒートユニット/ヒートポールは、抵抗値1.8Ωコイルポール2点同封(本体内蔵品1点+予備1点)。

photo

目標金額は650万円で、2020年10月25日までクラウドファンディングを実施する。販売価格は本体一式2万4200円のところ、Makuake割20%オフの1万9360円(価格はいずれも税込)で提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る