新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドローンをわずか5分でフル充電できる新技術を発表

イスラエルのStoreDotは、2020年7月29日、ドローンを5分でフル充電できる新技術を発表した。StoreDotは、「FlashBattery」と呼ばれる超高速充電(ultra-fast charging: UFC)技術を開発していることで知られるベンチャー企業だ。これまで充電時間が1時間かかっていたところを5分にまで短縮したことで、完全自律型ドローンによる配送の実現に一歩近づいたようだ。

昨今の商用ドローンの充電には通常60〜90分かかり、フル充電しても飛行時間は30分強だ。つまり、現在のドローンは、飛行している時間よりも充電ステーションに留まっている時間のほうが長く、ドローン活用の妨げになっている。その解決策として、1回飛行するたびにバッテリーを交換することが提案されているが、これはコストがかかるだけでなくバッテリー交換に人手が必要となり、ドローンを使う利点の1つである自律運転の障壁となってしまう。

また、人が充電作業に関与する場合、充電ステーションの設置場所も人がアクセスしやすい所に制限されてしまい、ドローンを使用できる範囲が限られてしまう。過酷で危険な地形での利用こそがドローン利用のメリットであるにも関わらず、その利点を十分に生かせずにいた。

今回、ドローン向けに開発されたUFCはフル充電までにかかる時間を5分に短縮するが、エネルギー密度とのトレードオフはほとんどないので、飛行時間はほんのわずか短くなる程度だと発表されている。総運用コストを考えると、既存のドローンバッテリー技術と競合する価格帯での実用化が見込めるという。既にサンプルはドローンメーカーがテスト利用できるようになっており、完全な商品化は2020年末に予定されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る