新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ミッションをクリアしてコーディングを学ぼう——子ども向けぬいぐるみ型ロボット「Piël」

STEM教育向けのぬいぐるみ型ロボット「Piël」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Piëlは、惑星Vegaからやって来たエイリアンという設定で、6歳以上の子供たちに向けたぬいぐるみ型ロボット。専用アプリでストーリーやミッションを進めていくうちに、自然とコーディングの基礎概念を学べる。よくある角ばったロボットには興味を持てない子でも親しみやすいように、ユニークでかわいらしい見た目にしたという。

photo

iOS/Android対応の専用アプリを使って操作する。リモコンモードでPiëlを前後左右に動かしたり、頬に内蔵したLEDを赤や青に光らせたりして遊ぶことができる。お世話アプリも開発中だ。

photo

ミッションモードでは、ミッションをひとつずつクリアしながら、プログラミングの基礎を学ぶ。ブロックモードでは、ドラッグアンドドロップによるブロックプログラミングができる。

photo

ボディは3Dプリント製で、USB経由で充電して使用する。外観は、黒、紫、水色の3色から選べる。

photo

特別価格は125ドル(約1万3300円)。発送はアメリカのみで、出荷は2020年12月の予定だ。2020年9月6日までクラウドファンディングを実施中で、9月1日時点では、目標額1万5000ドル(約160万円)のうち、約2200ドル(約23万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る