新しいものづくりがわかるメディア

RSS


頭の動きだけで進行方向表示LEDを操作——走行時のライダーの安全を守るデバイス「Bigo」

自転車やバイクに乗る人の安全を守る電子デバイス「Bigo」がKickstarterに登場し、バッカーを募っている。

Bigoは、衣服の背中部分やバックパックに取り付ける高輝度LEDシグナルボードと、ヘルメットに取り付けるマウントからなる方向指示灯デバイス。使用者の頭の動きをマウント内蔵の動作センサーがとらえ、右折や左折といった進行方向変更や、前進または停止といった走行状態をLEDシグナルボードに表示して後続車両に伝えることができる。

Bigo
Bigo

Bigoを使うと、頭を動かすだけでシグナルボードのLED表示を切り替えられるので、走行中にハンドルから手を離す必要がない。また、周囲から認識されやすくなるので、走行時の安全性を高めることができ、特に夜間走行時の交通事故防止に役立つ。宅配サービスやバイク便ライダーから、日常生活で自転車やバイクに乗る人たちまで使えるツールだ。

Bigo

Bigoは乗り物自体に取り付けるのではなく、使用者の衣服やバックパックに取り付けるデバイスなので、自転車、バイク、電動キックボードなど乗る物を選ばずに使用できる。LEDシグナルボードの取り付けにはマグネットを使用するので、工具を使わずに取り付けや取り外しが可能だ。

Bigo

BigoのLEDシグナルボードの大きさは195×225×8mmで、重さは220g。USB Type-Cポート経由で充電し、1回の充電で3時間使用できる。キャリブレーション設定はスマートフォンの専用アプリから行う。

また、Bigoより一回り小さい六角形のLEDシグナルボードを含む「miniBigo」もあり、目的や使用シーンに合わせて選択できる。miniBigoの大きさは114×114×14.5mm、重さは150g。1回の充電で6時間使用できる。miniBigoにはワイヤレス充電が可能なモデルも用意されている。

Bigo

Bigoの早期割引価格は65ドル(約7000円)で、miniBigoの基本モデルは45ドル(約4800円)。出荷は2021年2月の予定で、日本への送料はBigoが35ドル(約3700円)、miniBigoの基本モデルが37ドル(約3900円)だ。

ただし、BigoはWi-FiやBluetoothによる無線通信を行うため、日本国内で使用するには技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

Bigoは1万ドル(約100万円)を目標に、2020年9月29日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る