新しいものづくりがわかるメディア

RSS


虫食い穴のある廃材予定の資材を家具に——スマート窓「Atmoph Window 2」に木目の新フレーム「ワーミーメープル」が登場

アトモフは2020年9月3日、スマート窓「Atmoph Window 2」に新たな木製フレーム「ワーミーメープル」モデルを追加し、Makuakeでのクラウドファンディングを開始した。カリモク家具と共同で進める。

ワーミーメープルは、虫食い穴のある通常では廃棄される資材だ。虫たちが作り出した穴はどれも同じ形のものはなく、自然の味わいのある世界にたった一つの模様を織り成している。それを今回、カリモク家具の技術力により、インテリアにアップグレードした。

そんな新フレームが搭載されるAtmoph Window 2は、27インチの窓型スマートディスプレイだ。画面の向こう側には、独自に6K撮影した世界各国1000本以上の風景が映し出され、室内のどんな場所にも擬似的な窓を生み出す。

Makuakeでのクラウドファンディングは2020年10月29日まで実施する。目標額は50万円で、すでに達成。9月3日の時点で、160万円以上を集めている。12月末までに出荷する予定だ。

一般販売予定価格は7万4800円(税別)。Makuakeでは6万9800円(税込)で新フレームモデルを購入でき、風景見放題のリミットレスプランが3カ月無料で使用できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る