新しいものづくりがわかるメディア

RSS


虫食い穴のある廃材予定の資材を家具に——スマート窓「Atmoph Window 2」に木目の新フレーム「ワーミーメープル」が登場

アトモフは2020年9月3日、スマート窓「Atmoph Window 2」に新たな木製フレーム「ワーミーメープル」モデルを追加し、Makuakeでのクラウドファンディングを開始した。カリモク家具と共同で進める。

ワーミーメープルは、虫食い穴のある通常では廃棄される資材だ。虫たちが作り出した穴はどれも同じ形のものはなく、自然の味わいのある世界にたった一つの模様を織り成している。それを今回、カリモク家具の技術力により、インテリアにアップグレードした。

そんな新フレームが搭載されるAtmoph Window 2は、27インチの窓型スマートディスプレイだ。画面の向こう側には、独自に6K撮影した世界各国1000本以上の風景が映し出され、室内のどんな場所にも擬似的な窓を生み出す。

Makuakeでのクラウドファンディングは2020年10月29日まで実施する。目標額は50万円で、すでに達成。9月3日の時点で、160万円以上を集めている。12月末までに出荷する予定だ。

一般販売予定価格は7万4800円(税別)。Makuakeでは6万9800円(税込)で新フレームモデルを購入でき、風景見放題のリミットレスプランが3カ月無料で使用できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る