新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4K UHD映像出力対応——手のひらサイズの高性能PC「GMK NucBox」

手のひらサイズの高性能PC「GMK NucBox」がIndiegogoで大好評だ。

GMK NucBoxは、「Celeron J4125」(64bit、4コア、4スレッド、2.7GHz)プロセッサーベースの高性能超小型PC。グラフィックスプロセッサーには「UHD Graphics 600」を採用。動画コーデックはH.264、H.265/HEVC、VP9をサポートし、4K UHD映像出力が可能だ。

GMT NucBox

GMK NucBoxのメモリーは8GB。ストレージは128/256/512GB SSDから選択できる。I/Oポートは、HDMI(4K@60Hz)×1、USB3.0×2、3.5mmオーディオジャック、microSDカードスロット。サポートするOSはWindows 10およびLinuxだ。別売で13.3インチポータブル4Kモニターも用意されている。

GMK NucBox
GMK NucBox

通信機能はWi-Fi(2.4GHz帯/5GHz帯)およびBluetoothに対応。ただし、日本国内で通信機能を使用するには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し、技適マークが付されていなければならないので注意が必要だ。

GMK NucBox

GMK NucBoxのサイズは62×62×42mm、重さは125g。空冷式だがファンのノイズレベルは19dBと低い。電源はUSB Type-CポートからのDC給電で、消費電力は10Wだ。

GMK NucBoxの価格は128GBモデルが1388香港ドル(約1万9000円)、256GBモデルが1543香港ドル(約2万1000円)、512GBモデルが1775香港ドル(約2万4000円)だ。いずれも出荷は2020年10月の予定で、日本への送料は無料だ。

GMK NucBoxは約7万7499香港ドル(約106万円)を目標に、2020年10月10日までクラウドファンディングを実施するが、2020年9月9日時点で目標額の20倍に迫る約150万香港ドル(約2100万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る