新しいものづくりがわかるメディア

RSS


HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」

HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

HAT RACK

Raspberry Piの機能拡張基板である「HAT」とは「Hardware Attached on Top」(上に取り付けられたハードウェア)の頭文字を取った略語で、HATは積み重ねて使用するのが一般的だ。しかし、複数のHATを積み重ねると、間に挟まれたHATの端子への接続、ジャンパーの変更、トリマーの調整などが難しくなる。また、HATの発熱にも注意する必要がある。

HAT RACK

HAT RACKは、発想を転換してHATボードを横に並べて接続することで、これらの課題への対応を可能にした拡張ボード。スタッキングヘッダーが付いていないHATでも複数接続できる。

HAT RACK1枚につき最大3枚のHATボードまたは最大6枚のpHATボードを接続でき、別のHAT RACKをデイジーチェーン連結すれば、さらに多くのHATを接続することが可能だ。また、セットによってはDINレール取り付け部品も用意されており、制御盤内などへの取り付けも容易だ。

HAT RACK

HAT RACKはDINレール取り付け用セットと平置き用セットがある。それぞれのセットには、PCB、コネクター、シャフト、スクリューその他の部品を含む組み立てキットと、組み立て済み完成品の2種類が用意されており、ニーズに合わせて選ぶことができる。

HAT RACK

HAT RACKの早期割引価格は、組み立て済み完成品を含むDINレール取り付け用セットが28ポンド(約3800円)。出荷は2020年10月の予定だ。そのほか、組み立てキットの価格は30ポンド(約4100円)で、組み立て済み完成品は35ポンド(約4800円)。出荷は組み立てキットが2020年11月、完成品が2020年12月の予定で、早期割引分も含め、いずれも日本への送料は18ポンド(約2400円)だ。

HAT RACKは1000ポンド(約14万円)を目標に、2020年10月1日までクラウドファンディングを実施する。2020年9月16日時点で、目標額を上回る約1300ポンド(約17万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る