新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ダッシュボード作成ツールでノーコード開発、IoT活用「熱中症アラートシステム」を保育園に

TAG

IoT

保育園事業を展開するハピクロは、センサーから収集した温湿度データを可視化し、熱中症のリスクをリアルタイムに通知する「熱中症アラートシステム」を開発し、同社が運営する認可小規模保育園「にじいろのはな保育園」での運用を2020年8月から開始した。

開発された熱中症アラートシステムは、IoTデータをリアルタイムに表示できるダッシュボード作成ツール「conect+ Studio」(conect.plus提供)を活用して作成したものだ。ノーコード開発で約3日間という短い開発期間で構築したという。

同システムでは、センサーが計測した温湿度が上昇し、熱中症リスクが高まるごとに、管理画面に表示されるランプを青、黄、赤と変化させて危険を知らせる。保育士が使用するタブレットのほか、管理者のスマートフォンにリアルタイムに通知できるという。温湿度データは、自動的に時系列でグラフ化されるため、アラート発生後、データを遡って確認しながら、熱中症リスクが高まった経緯の追及や今後の安全策に応用できる。

にじいろのはな保育園では、これまでセンサーに表示された保育室の温湿度を、手作業で確認/記録しており、効率的なデータの管理/活用方法を模索していた。記録的な猛暑や新型コロナウイルス感染症の影響により、温湿度管理の強化が喫緊の課題となっていた。今後は同システムを活用しながら、オーニングやロール型カーテンなど各種設備の遮熱効果を検証し、さらに安全で快適な保育環境づくりに努めるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る