新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子廃棄物をアップサイクルする「Garbage Watch」を発表——電子廃棄物は組み立て済みの原料

Vollebakは2020年7月9日、完全に電子廃棄物から作られた「Garbage Watch」を発表、予約受付を開始した。発売は2021年の予定だ。

Vollebakは、デザイナーでありアスリートでもある双子のTidball兄弟によって設立されたファッションブランドだ。科学技術を用いて服の未来をより早く実現させることを目指し、さまざまな素材や技術を取り入れた衣料を作成している。

今後数十年の間に、衣服とテクノロジーが融合し、外骨格から統合されたモニタリングやインテリジェンスまで、あらゆるものが配電を必要とするようになるだろう。ハイテク衣服がその寿命を終えた時、どのように扱われるだろうか。

現在、毎年5000万トン発生する電子廃棄物のほとんどが、ゴミとして扱われている。しかし、電子廃棄物には銀、プラチナ、銅、ニッケル、コバルト、アルミニウム、亜鉛など、多くの貴金属が含まれ、金でいえば世界中の金の7%が電子廃棄物に含まれているとされる。地球環境を守るためには、使用済みのものを破棄するのではなく、再利用する方法を考え出す必要がある。

Garbage Watchは、電子廃棄物は、単に組み立て済みの原材料で、新しく別のものを作るために使うことができるとしたら、というシンプルなアイデアから始まった。Garbage Watch上に見えているものは、パソコンのマザーボード、スマートフォンのマイクロチップ、テレビの配線など、かつては別のものだった。

今後同社は、持続可能な電子廃棄物リサイクルの取り組みからコンポーネントを調達し、2021年中に製品化する予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る