新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで作る完全オープンソースのミニチュア火星探査ローバー

欧州宇宙機関(ESA)は、Raspberry Piで動く完全オープンソースの3Dプリント製ミニチュアローバー「ExoMy」の3Dモデルや作製説明書等を公開した。ExoMyの大きさは300×390×420mm、重さは2.5kg。250〜500ユーロ(約3万1000〜6万3000円)で作製でき、自宅で火星探査ミッション気分を楽しめる。

ExoMyは、火星探査ローバー「ExoMars」(現在の名称は「Rosalind Franklin」)から着想を得て開発されたものだ。Rosalind Franklinは、ESAとロシアの国営宇宙公社ROSCOSMOSが共同で進めている火星探査計画「ExoMars」で2020年7月に打ち上げられる予定だったが、打ち上げは2022年に延期されている。

ExoMyのハードウェアとソフトウェアは完全オープンソースで、作製説明書などはGitHubで公開されている。ExoMyの作製には約2〜3週間かかるとされている。プリンター1台での3Dプリントに約2週間、電子部品のはんだ付け作業などに約半日、組み立てに1〜2日かかると見積もられているが、これは3Dプリンティングやはんだ付け等の経験に大きく左右されるとしている。

ExoMyのソフトウェアはPythonで書かれており、標準のRaspberry Pi OSを搭載したRaspberry Piで動作し、OSのバージョンには依存しない。また、コンテナ型のアプリケーション実行環境である「Docker」、Ubuntu、ROSフレームワークも使用されている。

ExoMyは、ExoMarsと同じ「トリプルボギー」と呼ばれる移動機構を採用している。右側の前方車輪2つ、左側の前方車輪2つ、そして左右の後輪がそれぞれボギーに連結されており、6つの車輪全てが操縦可能で、車輪よりも大きな障害物を乗り越えることができる。バッテリーの持続時間は3時間で、ゲームパッドだけでなく、スマートフォン、タブレット、PC用のウェブサイトから操縦することも可能だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る