新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで動く3タイプのロボットキット「Alter」シリーズ

Raspberry Piで動かせるロボットキット「Alter」シリーズがKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

家庭や学校でSTEMを実践的に学べるように、3種類の教育用ロボットとオールインワンキットを用意した。いずれも、Raspberry Piカメラモジュールや超音波センサー、光学式センサー、ジャイロモジュール、OLEDディスプレイなどを備える。

photo

4本足で動く「Alter.Dog」には、三角関数、電気、機械などさまざまな知識が組み込まれ、地面の状況に合わせて自動でバランスをとることができる。

photo

DCモーターを使った高速レーシングカー「Alter.Racing Car」は、車載カメラを利用して障害物を回避しながら走る。

photo

おとぎ話に出てくる馬車のような形をした「Alter.Classic Car」には現代のテクノロジーが搭載され、速度は出ないものの、360度のサーボモーターを使った優れた制御性とトルクが特長だ。

photo

「Alter All in Oneキット」には、すべての部品がセットされ、3つのうちどれか1つを作れるようになっている。後で分解して別のロボットに作り変えることも可能だ。

コーディングにはPythonを使用し、実際のコードや組み立てマニュアルも提供する。Rasberry Piとバッテリー(18650リチウムイオン充電池)は付属していないので、注意が必要だ。

ハードウェアとソフトウェアはオープンソース化されているので、自由に変更できる。機械学だけでなく、電子工学、制御システム、コンピューターサイエンスなど幅広い体験が可能で、子供だけでなく、ロボット愛好家やPythonエンジニアにも向いている。

価格はAlter.Dogが114ドル(約1万2000円)、Alter.Racing Carが79ドル(約8400円)、Alter.Classic Carが74ドル(約7900円)、Alter All in Oneキットが169ドル(約1万8000円)。送料無料で、出荷は2020年11月の予定だ。

Alterシリーズは、2020年10月4日までクラウドファンディングを実施中。10月2日時点で、目標額1万ドル(約106万円)に達する支援を集めてプロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る