新しいものづくりがわかるメディア

RSS


34個の電子ブロックを搭載したオールインワンArduino学習キット「EPOCH」

オールインワンのArduino学習キット「EPOCH」がKickstarterで人気を得ている。

EPOCH

EPOCHは、ATMega328P-PUマイコン2個と、4桁7セグメントディスプレイ、各種通信機能、センサーなどの電子ブロック計34個を搭載した7×7インチ(約180×180mm)の大きさのボード。電子ブロックには温度、距離、光、モーションなどのセンサー、キーボードやサーボモーターなどを接続できるコネクターなどがあり、その他にリレーや小型のブレッドボードも搭載している。

EPOCH
EPOCH

ユーザーは、開発元のウェブサイト内にある「プロジェクトページ」に掲載されたレッスン動画やサンプルコードに従って、さまざまなプロジェクトを作ることでArduinoを学習できる。EPOCHの各電子ブロックは、プロジェクトページで少なくとも1回は触れられる予定だ。キャンペーン終了後もプロジェクトページのアップデートを続けるという。

EPOCH

EPOCHは、赤外線、RFID、Bluetooth、2.4GHz帯無線通信機能を有しているが、日本国内で無線電波を発射するには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

電源アダプター、サーボモーターキット、4×4キーバッド、接続ケーブルなどが付属して220カナダドル(約1万8000円)。出荷は2020年11月の予定で、日本への送料は70カナダドル(約5500円)だ。

EPOCHは3600カナダドル(約28万円)を目標に2020年10月13日までクラウドファンディングを実施するが、キャンペーン開始から1時間足らずで目標額を達成し、2020年9月21日時点でその10倍以上の約3万9000カナダドル(約310万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る