新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ポジティブワン、i.MX 8MPlusアプリケーションプロセッサー搭載超小型モジュールの販売を開始

ポジティブワンは2020年10月8日、i.MX 8MPlusアプリケーションプロセッサー搭載超小型モジュールの販売を開始した。

同モジュールは、QFN方式のソルダーダウンコンピューターオンモジュールで、機械学習やビジョン、マルチメディア、産業用IoTアプリケーションに適している。

モジュールの寸法は29×29×2.6mmで、リードスタイルは108個のパッドを備えた1mmピッチだ。グラウンドパッドは、サーマルパッドとしても機能する。

i.MX 8MPlusファミリーは、最大2.3TOPSで動作するニューラルプロセッシングユニット(NPU)を備えた4コア/2コアArm Cortex-A53プロセッサーを搭載。デュアル画像信号プロセッサーとカメラ入力×2に加え、マルチメディア機能にはビデオのエンコード(h.265を含む)/デコード、3D/2Dグラフィックアクセラレーション、複数のオーディオと音声機能を備えている。

Cortex-M7によるリアルタイム制御も可能。CANFD×2やTSN(TimeSensitive Networking)を備えたデュアルギガビットイーサネットもサポートしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  10. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る