新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Marine X、進化するAIクルーザー「X40 Concept」を発表——独自開発の安全航行AIアシストシステムを搭載

Marine Xは2020年10月8日、AIクルーザー「X40 Concept」を発表した。

X40 Conceptの最大の特徴は、画像認識AIを活用した独自開発の安全航行アシストシステム「ポラリス」を搭載していることだ。

360度をカバーする画像認識AIカメラにより、水上の航行可能エリアと障害物を検知し、画面表示とアラート音で方角とおおよその距離を操船者に知らせてくれる。今後も段階的な機能拡充を予定しており、2023年には小型船舶の自律航行を目指す。

操船はステアリングのほかに、ジョイスティックによるコントロールも可能だ。停泊中の位置を自動で保持するダイナミックポジショニングや、船体の揺れを抑えるアンチローリングジャイロなどのテクノロジーを搭載している。

船体のデザインはロボットクリエイター高橋智隆氏が担当。都市部の低い橋桁をくぐるために高さを抑えたクーペスタイルを採用するなど、同氏の長きにわたるボートオーナーとしての経験から、都市部でのクルーズに必要な機能や要素を厳選している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る