新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ツクレル、ラズパイスターターキットに新IoT教材「スマート温湿度計を作ろう」追加——既存ユーザーにも無償で教材を配信開始

オンライン教材サービス「ツクレル」を運営するXSHELLは2020年10月9日、新IoT教材「スマート温湿度計を作ろう」をリリースした。

同教材は、ツクレルが発売するRaspberry Piのスターターキット「ツクレルマイPC」の教材ラインアップに加えられる。なお新教材追加に伴うツクレルマイPCの価格変更はなく、既存ユーザーには新教材を無償で提供する。

同教材ではRaspberry Piを使って温湿度を計測し、家庭や職場における熱中症やインフルエンザ対策、ペットの飼育環境のチェック、仕事における労働環境の管理、書籍や食品などの品質管理に生かす方法を学べる。

プログラミング言語にはPythonを採用。Raspberry Piのセンサーボード「Sense HAT」を利用し、温湿度をGoogleスプレッドシート/CSV形式でリアルタイムに記録する方法を学べる。また室内環境が悪化した際、不快指数や熱中症、インフルエンザの警戒度を、IFTTT連携を用いてスマートフォンにアラート(LINE通知)を飛ばす方法についても学習する。

同講座は2回に分けて教材配信される。今回配信される内容は1回目の配信となり、最初の4章が閲覧可能だ。続きに当たる5~8章は、10月23日に配信閲覧可能となる。

新教材追加に合わせて教材のみの単体販売も開始。「スマート温湿度計を作ろう」は教材のみで1万5000円、「AI見守りカメラを作ろう」は価格を改定し1万8000円で販売する(価格は全て税込)。

さらに、入門教材(Python入門、Raspberry Pi入門)をセットにした複数教材セットも販売する。

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る