新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本3Dプリンター、EinScanの3Dスキャナー「EinScan Pro HD」とデスクトップ型3D測定システム「Autoscan Inspec」の日本販売を開始

日本3Dプリンターは2020年10月7日、EinScanのハンドヘルド型3Dスキャナー「EinScan Pro HD」と、デスクトップ型3D測定システム「Autoscan Inspec」の販売を開始した。

EinScan Pro HDは、EinScanの3Dスキャナー「EinScan Pro」シリーズの最新機種に当たる。搭載プロジェクターの出力向上により、従来モデルでは難しかった黒色のスキャニングと反射に強い性能となった。

また、固定式3Dスキャナーにのみ採用されていたHDスキャンモードを採用したことで、ハンドヘルド型ながら高精度と解像度のスキャニングが可能なことも特徴だ。0.2mmの最小ポイント解像度とアルゴリズムの最適化により、固定式と同等の高い精度と解像度を達成している。

従来モデルではオプションだったHDプライムパックが内蔵され、マーキングしなくても高精度のスキャニングができることに加え、スキャニングのスピードアップとシングルスキャニング範囲の向上も図られており、工業製品をはじめ、人体や文化財など、さまざまな造形物のスキャニングに活用できる。

EinScan Pro HDの本体サイズは155×250×43mm、重量は1.25kg。スキャニング精度は0.04mm、スキャニング可能範囲は0.2~4mで、スキャニング速度は30fps。

Autoscan Inspecは全自動の高精度/高精細スキャニングが可能なデスクトップ型3D測定システムだ。

5メガピクセルのセンサー2つと3軸可動ターンテーブルを搭載しており、3cm以下の小さなものを0.01mmの高精度でスキャニング可能で、小さなネジのディテールなど、部品細部のスキャニングに適している。 Autoscan Inspecの本体サイズは238×447×340mm、本体重量は7.5kgで、スキャニング可能範囲は100×100×75mmだ。

10月7~9日にインテックス大阪(大阪府大阪市)で開催された「第23回 関西ものづくりワールド」で実機を展示/紹介したほか、10月23日にはウェビナーで新商品発表会の実施を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る