新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ROSでロボット開発をしよう——オンライン学習付きAIロボットキット「Wheely Robot Kit」

Raspberry Piベースの車型AIロボットキット「Wheely Robot Kit」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

Wheely Robot Kitは、ロボットの組み立てや操作を通してロボット工学やAIについて学び、スキルを身に付けていくロボットキットだ。6種類のオンライン学習コースも用意し、初心者から経験者まで幅広い層を対象としている。

photo

システムのベースはRaspberry Pi 4ボードで、UbuntuとROS(Robot Operating System)がインストール済みだ。

photo

独自開発のオンラインプラットフォーム「Robociti」を介したオンライン学習には、ビデオを使った説明、クイズや演習問題などを含む。ロボットの組み立て方から、Pythonによるコーディング、コンピュータービジョン、ロボットアームの制御などロボット工学の基礎を学び、自律走行や物体検出といった機能を実装したロボットを作れる。ロボットは1時間以内で組み上がり、重さも1kg以下と軽量だ。

photo

廉価版の「Wheely Starter Kit」も用意している。ただし、このキットにはカメラやロボットアームが付属せず、オンライン学習も基本の3コースまでだ。

photo

数量限定の早割価格はWheely Robot Kitが1599香港ドル(約2万2000円)で、Wheely Starter Kitは1399香港ドル(約1万9000円)。出荷は2020年10月の予定で、送料は無料だ。

Wheely Robot Kitは、2020年10月18日までクラウドファンディングを実施中。10月13日時点で、目標額1万5000香港ドル(約20万4000円)のうち、約1万3000香港ドル(約17万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る