新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでIoTの要素技術を学ぶ——森北出版、「Raspberry PiによるIoTシステム開発実習」発刊

森北出版は、IoTを構成するさまざまな要素技術を、Raspberry Piを用いて学んでいく「Raspberry PiによるIoTシステム開発実習 センサネットワーク構築からwebサービス実装まで」を、2020年10月27日 に発売する。

photo

同書は、センサーネットワークを中心に、IoTを構成する要素技術をRaspberry Piを用いて1つずつ実践しながら解説する。Raspberry Piの特徴とIoTシステム開発の概要に始まり、デジタル入出力やI2C、SPIなどを解説、最後は環境データ監視システムを対象にデータ収集から保存、表示、公開までを解説する。

IoTシステム構築に必要なハードウェアおよびソフトウェアの両方の知識を短時間に習得できるという。今からRaspberry Piを触り始める初心者向けの入門書として、また大学、高専などにおける実習講義や卒業研究の教科書、参考書に適している。

著者は永田武氏。B5、200ページで価格は2750円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る