新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホのデータで手軽に刻印——ポータブルレーザー彫刻機「WAINLUX K6」

スマートフォンから直接出力できる小型高出力のレーザー彫刻機「WAINLUX K6」が、GREEN FUNDINGでプロジェクトを開始した。

photo

WAINLUX K6は、172×172×162.5mmの小型サイズながら最大3000mWの出力で、紙や布地、木材、竹、皮革、フェルト、プラスチック、アクリルなど多くの素材の彫刻に対応する。彫刻範囲は80×80mm。薄い素材なら切断も可能だ。

photo

Wi-Fi環境があればスマートフォンに専用アプリをインストールし、画像をアップロードするだけで彫刻できる。PCの場合はUSBケーブルで接続して彫刻する。スマートフォンはiPhoneおよびAndroidに対応。PCはMacおよびWindowsに対応する。対応画像ファイル形式はJPEG、JPG、PNG、BMPだ。レーザーヘッドの位置やピント距離を手動で調整できるので、さまざまなニーズや用途に対応する。彫刻前に彫刻位置を確認するとこもできる。

photo

動作中の偶発的な動きや異常な熱上昇を検知した場合には自動停止するなど、安全措置も施されている。高品質のヒートシンクを採用し、最大8時間の連続使用が可能だ。

photo

支援およびリターンは、「早割25%OFFレーザー彫刻機WAINLUX K6×1セット」が3万4680円、「早割20%OFFレーザー彫刻機WAINLUX K6×1セット」が3万7000円などとなっている。

photo

プロジェクト目標金額20万円のところ、2020年10月21日時点で目標を大きく上回る約1800万円以上の支援を集め、プロジェクト達成している。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る