新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分でAIロボットをコーディング——初心者向けAIロボット「Artibo」

画像認識や音声認識などのAI機能を搭載したプログラム可能なロボット「Artibo」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

Artiboは、人の顔を検出して比較したり画像中のテキストを読み上げるなどの画像認識や、音声をテキストに変換したり、メッセージを翻訳して読み上げるなど、様々なAI機能が利用できるロボットだ。

photo

専用アプリを使用してタブレットやPCからプログラミングすることで、上記のAI機能や前後左右への移動や回転、サウンドや音楽の再生、ディスプレイ表示を使った感情の疑似表現、さらに13カ国の言語での会話を組み合わせた動作を実行できる。

photo

プログラミングは、初心者向けにScratchのブロックコーディングと、Pythonによる本格的なコーディングの2通りが用意されている。

photo

本体はスピーカー、カメラ、マイク、DCモーター×2、IR前方センサー、およびIR床センサーを搭載。顔にあたる部分には、表情の変化などを表現できるLCDを搭載する。

photo

支援およびリターンは、【早割29%off】50名様限定 AIロボット Artibo 1台が2万1000円、【Makuake特価25%off】AIロボット Artibo 1台が2万2200円(いずれも税込)などとなっている。

photo

プロジェクト目標10万円のところ、2020年10月21日時点で約76万円の支援が集まっており、プロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る