新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手術支援ロボットの遠隔支援をサポート——オプティム、ネットワークプラットフォーム「Medicaroid Intelligent Network System」共同開発

手術支援ロボットシステム「hinotori サージカルロボットシステム」 出典:メディカロイド

オプティムは、手術支援ロボットシステム「hinotori サージカルロボットシステム」(hinotori)の遠隔からの運用や安全かつ効率的な手術室の活用などを支援するネットワークサポートシステム向けプラットフォーム「Medicaroid Intelligent Network System」(MINS)を共同開発したことを発表した。

photo

MINSは、hinotoriに搭載された各種センサー情報や内視鏡映像、手術室全体の映像などの情報をリアルタイムで収集、解析して提供するオープンプラットフォームだ。MINSを介して収集した情報をデータベース化して、自社やサードパーティによるAI解析やシミュレーションなどのサービスを追加することもできる。同社が提供するAI/IoT プラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」をベースとしており、hinotoriの製造元であるメディカロイドとシスメックスとの共同開発となる。

 

photo

具体的に第一弾のサービスとして、hinotoriの稼働状態やエラー情報をリアルタイムに収集してメディカロイドのサポートセンターからトラブルの遠隔対応を可能にしたり、手術室の映像をライブ配信して、その状況を同サポートセンターから正確に把握できるようにしたりする。さらに、hinotoriの稼働状態を三次元的に再現することで、手術中のロボット動作および術者の操作が同サポートセンターから視覚的に把握できるようになる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  10. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る