新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使って温湿度をクラウドに自動記録——スペクトラム・テクノロジー、「クラウド型温湿度ロガー開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、Raspberry Piと温湿度センサーを組み合わせて、計測した温湿度をクラウド上に記録することができる「クラウド型温湿度ロガー開発キット」を発売した。

photo

同キットは温湿度や気圧、さらに絶対湿度、露点温度を計測または自動計算。AWS IoTを介してDynamoDBに情報を記録する。リアルタイムのグラフ表示やCSV出力、さらに絶対湿度に閾値を設定して感染危険を通知することもできる。

photo

PythonによるAWS IoTに接続するためのMQTTプログラムや温湿度センサー情報収集プログラム、またCSV抽出プログラムが同梱される。プログラムを再利用して他のセンサーと組み合わせたり、計測周期を変えたりするなどさまざまなカスタマイズに対応する。また、BME280の単体試験用プログラムも付属する。

photo

Wi-FiやAWSの接続情報を入力するだけで簡単に利用開始でき、ユーザーはWi-Fi環境を用意するだけでよい。本格的なIoT開発が必要になった場合は、AWS IoT開発キットへ拡張することが可能だ。感染症予防対策や、病院、高齢者施設、職場、学校および農業などでの温湿度管理に活用できるとしている。価格は3万1000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る