新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使って温湿度をクラウドに自動記録——スペクトラム・テクノロジー、「クラウド型温湿度ロガー開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、Raspberry Piと温湿度センサーを組み合わせて、計測した温湿度をクラウド上に記録することができる「クラウド型温湿度ロガー開発キット」を発売した。

photo

同キットは温湿度や気圧、さらに絶対湿度、露点温度を計測または自動計算。AWS IoTを介してDynamoDBに情報を記録する。リアルタイムのグラフ表示やCSV出力、さらに絶対湿度に閾値を設定して感染危険を通知することもできる。

photo

PythonによるAWS IoTに接続するためのMQTTプログラムや温湿度センサー情報収集プログラム、またCSV抽出プログラムが同梱される。プログラムを再利用して他のセンサーと組み合わせたり、計測周期を変えたりするなどさまざまなカスタマイズに対応する。また、BME280の単体試験用プログラムも付属する。

photo

Wi-FiやAWSの接続情報を入力するだけで簡単に利用開始でき、ユーザーはWi-Fi環境を用意するだけでよい。本格的なIoT開発が必要になった場合は、AWS IoT開発キットへ拡張することが可能だ。感染症予防対策や、病院、高齢者施設、職場、学校および農業などでの温湿度管理に活用できるとしている。価格は3万1000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る