新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか15秒で充電できる、グラフェンベースの高性能充電池「SuperBattery」

Skeleton Technologies

エストニアに拠点を置くウルトラキャパシタのスタートアップ「Skeleton Technologies」は2020年9月8日、15秒で充電できるグラフェンバッテリー「SuperBattery」の開発に関し、ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)と提携したと発表した。

SuperBatteryは、ウルトラキャパシタ(電気二重層コンデンサ)ベースの二次電池。ウルトラキャパシタは、電池に比べて内部抵抗が低く、短時間で充放電が行える。また、電極での化学反応ではなくイオン分子が電化を蓄えるため、充放電による劣化が少なく寿命が極めて長い。次世代の電気自動車用バッテリーとして有望視されているが、エネルギー密度(体積あたりの充電容量)の低さが課題だ。

Skeleton Technologiesによれば、ウルトラキャパシタの材料としてCurved Graphene(湾曲グラフェン)を使うことにより、大容量化、長寿命化が可能になり、長い充電時間、バッテリーの劣化、航続距離の不安(range anxiety)という、電気自動車の3つの課題が解決できるという。SuperBatteryは、ヨーロッパだけでなく、日本、アメリカ、中国などへ特許出願中だ。

同社は、エネルギー蓄積技術でその名を知られるKITと提携し、SuperBatteryなどの次世代エネルギー蓄積技術の市場展開を図るとしている。CEO、Taavi Madiberk氏は、SuperBatteryは自動車業界のゲームチェンジャーになる、とコメントしている。

また同社は最近、SuperBatteryを市場に投入するための主要な自動車OEM業者と10億ユーロの内示書(letter of intent)を交わしたとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る