新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか15秒で充電できる、グラフェンベースの高性能充電池「SuperBattery」

Skeleton Technologies

エストニアに拠点を置くウルトラキャパシタのスタートアップ「Skeleton Technologies」は2020年9月8日、15秒で充電できるグラフェンバッテリー「SuperBattery」の開発に関し、ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)と提携したと発表した。

SuperBatteryは、ウルトラキャパシタ(電気二重層コンデンサ)ベースの二次電池。ウルトラキャパシタは、電池に比べて内部抵抗が低く、短時間で充放電が行える。また、電極での化学反応ではなくイオン分子が電化を蓄えるため、充放電による劣化が少なく寿命が極めて長い。次世代の電気自動車用バッテリーとして有望視されているが、エネルギー密度(体積あたりの充電容量)の低さが課題だ。

Skeleton Technologiesによれば、ウルトラキャパシタの材料としてCurved Graphene(湾曲グラフェン)を使うことにより、大容量化、長寿命化が可能になり、長い充電時間、バッテリーの劣化、航続距離の不安(range anxiety)という、電気自動車の3つの課題が解決できるという。SuperBatteryは、ヨーロッパだけでなく、日本、アメリカ、中国などへ特許出願中だ。

同社は、エネルギー蓄積技術でその名を知られるKITと提携し、SuperBatteryなどの次世代エネルギー蓄積技術の市場展開を図るとしている。CEO、Taavi Madiberk氏は、SuperBatteryは自動車業界のゲームチェンジャーになる、とコメントしている。

また同社は最近、SuperBatteryを市場に投入するための主要な自動車OEM業者と10億ユーロの内示書(letter of intent)を交わしたとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る