新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか15秒で充電できる、グラフェンベースの高性能充電池「SuperBattery」

Skeleton Technologies

エストニアに拠点を置くウルトラキャパシタのスタートアップ「Skeleton Technologies」は2020年9月8日、15秒で充電できるグラフェンバッテリー「SuperBattery」の開発に関し、ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)と提携したと発表した。

SuperBatteryは、ウルトラキャパシタ(電気二重層コンデンサ)ベースの二次電池。ウルトラキャパシタは、電池に比べて内部抵抗が低く、短時間で充放電が行える。また、電極での化学反応ではなくイオン分子が電化を蓄えるため、充放電による劣化が少なく寿命が極めて長い。次世代の電気自動車用バッテリーとして有望視されているが、エネルギー密度(体積あたりの充電容量)の低さが課題だ。

Skeleton Technologiesによれば、ウルトラキャパシタの材料としてCurved Graphene(湾曲グラフェン)を使うことにより、大容量化、長寿命化が可能になり、長い充電時間、バッテリーの劣化、航続距離の不安(range anxiety)という、電気自動車の3つの課題が解決できるという。SuperBatteryは、ヨーロッパだけでなく、日本、アメリカ、中国などへ特許出願中だ。

同社は、エネルギー蓄積技術でその名を知られるKITと提携し、SuperBatteryなどの次世代エネルギー蓄積技術の市場展開を図るとしている。CEO、Taavi Madiberk氏は、SuperBatteryは自動車業界のゲームチェンジャーになる、とコメントしている。

また同社は最近、SuperBatteryを市場に投入するための主要な自動車OEM業者と10億ユーロの内示書(letter of intent)を交わしたとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る