新しいものづくりがわかるメディア

RSS


先行機体に追従動作する——パナソニック、追従型ロボティックモビリティ「PiiMo」発売

パナソニック プロダクションエンジニアリング(以下PPE)は自動停止機能や自動追従機能を備えたロボティックモビリティ「PiiMo」を2020年11月に発売する。

パナソニックとWHILLは、2015年から超高齢化社会における移動をサポートするためのロボット型電動車いすを共同開発している。パナソニックはWHIILのパーソナルモビリティ「WHILL」をベースにした独自の安全技術、制御技術を搭載したロボティックモビリティを開発し、空港などでさまざまな環境での実証実験を実施してきた。今回、PPEはWHILLのパーソナルモビリティの供給などに関する契約締結に合意し、PiiMoの販売を開始する。

PiiMoは、センサーによって得た周辺情報を基に、衝突の恐れがあると判断すると自動停止する自動停止機能、および前方モビリティのマーカーを後方モビリティが検知して正確に追従する自動追従機能を持つ。例えば先頭の1台をスタッフが操作し、後続のモビリティが自動追従することで、安全に効率よくグループの移動をサポートできる。

また、Wi-Fi接続によってモビリティ同士の無線通信も可能で、後方で取り残しした場合や後方モビリティからの停止リクエストなどに対応できる。

主な仕様は、本体重量が70kg、外形寸法が592×1046×870mm、最大搭載重量が100kg、最高速度が時速4km、連続走行距離が約16kmだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る