新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機動戦士ガンダムのモビルスーツ「ザク」を脳活動で操作、バンダイらが試作開発に成功

NeUとバンダイは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ザク」のおもちゃ(ミニチュアザク)を、脳活動のコントロールによって動かす試作開発に成功したと発表した。

NeUは、日常生活での脳血流量の活動を近赤外線で計測する技術を開発している企業だ。一方でバンダイは、ミニチュアザクをスマートフォンアプリでコントロールする商品を提供している。

今回のコラボレーションは、両社のこうした技術の融合によるものだ。

今回の試作開発では、ミニチュアザク制御用スマートフォンアプリに超小型脳活動センサー(XB-01)専用SDKを組み込み、利用者の脳血流量変化を3段階のレベルに割り当て、あらかじめ設定した動作コマンドにこれを変換。XB-01で脳の血流量変化のデータを取得し、無線通信でスマートフォンに転送することで、脳の働きによるミニチュアザクの3段階での操作に成功したという。

XB-01用SDKの提供については、企業との協業をベースに今後検討する予定だ。今回試作開発したロボットやアプリケーションの販売は、現状では未定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る