新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機動戦士ガンダムのモビルスーツ「ザク」を脳活動で操作、バンダイらが試作開発に成功

NeUとバンダイは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ザク」のおもちゃ(ミニチュアザク)を、脳活動のコントロールによって動かす試作開発に成功したと発表した。

NeUは、日常生活での脳血流量の活動を近赤外線で計測する技術を開発している企業だ。一方でバンダイは、ミニチュアザクをスマートフォンアプリでコントロールする商品を提供している。

今回のコラボレーションは、両社のこうした技術の融合によるものだ。

今回の試作開発では、ミニチュアザク制御用スマートフォンアプリに超小型脳活動センサー(XB-01)専用SDKを組み込み、利用者の脳血流量変化を3段階のレベルに割り当て、あらかじめ設定した動作コマンドにこれを変換。XB-01で脳の血流量変化のデータを取得し、無線通信でスマートフォンに転送することで、脳の働きによるミニチュアザクの3段階での操作に成功したという。

XB-01用SDKの提供については、企業との協業をベースに今後検討する予定だ。今回試作開発したロボットやアプリケーションの販売は、現状では未定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る