新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機動戦士ガンダムのモビルスーツ「ザク」を脳活動で操作、バンダイらが試作開発に成功

NeUとバンダイは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ザク」のおもちゃ(ミニチュアザク)を、脳活動のコントロールによって動かす試作開発に成功したと発表した。

NeUは、日常生活での脳血流量の活動を近赤外線で計測する技術を開発している企業だ。一方でバンダイは、ミニチュアザクをスマートフォンアプリでコントロールする商品を提供している。

今回のコラボレーションは、両社のこうした技術の融合によるものだ。

今回の試作開発では、ミニチュアザク制御用スマートフォンアプリに超小型脳活動センサー(XB-01)専用SDKを組み込み、利用者の脳血流量変化を3段階のレベルに割り当て、あらかじめ設定した動作コマンドにこれを変換。XB-01で脳の血流量変化のデータを取得し、無線通信でスマートフォンに転送することで、脳の働きによるミニチュアザクの3段階での操作に成功したという。

XB-01用SDKの提供については、企業との協業をベースに今後検討する予定だ。今回試作開発したロボットやアプリケーションの販売は、現状では未定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る