新しいものづくりがわかるメディア

RSS


風力を利用する大型自動車運搬船「Oceanbird」——海上輸送をもっとクリーンに

スウェーデンのコンソーシアムが2020年9月、自動車運搬用の巨大帆船「Oceanbird」を発表した。最大積載台数は7000台で、風力を利用して大西洋を12日間かけて横断する。

Oceanbirdは、海運事業からの二酸化炭素排出量を削減するために、船舶設計会社Wallenius Marine、KTH(スウェーデン王立工科大学)、海洋調査会社SSPAらによる共同プロジェクト「wPCC(wind Powered Car Carrier)」から生まれた船だ。

船上にそびえる5本の帆は、スチールと複合素材でできており、帆というよりは飛行機の翼のようだ。これは空力技術と造船技術の融合の結果としている。360度回転してどの方向からの風も受けられるため、従来のディーゼルエンジンと比べて、二酸化炭素排出量を90%削減できる。帆の長さは80mで、水面から帆の先端までは105mになるが、伸縮構造により45mまで短くできる。

船体の長さは200m、幅は40mで、平均速度は10ノット(約18.5km/時)だ。安全対策としてクリーンエネルギーを使った補助エンジンも備える。2021年に受注を開始し、2024年に出荷予定だ。まずは貨物船として航行するが、このコンセプトはクルーズ船などさまざまな船に応用できるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る