新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4つのボタンでアプリを操作——Raspberry Pi用Bluetoothリモコン「Remodo X」

Raspberry Piアプリを操作するリモートコントローラー「Remodo X」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Remodo Xは、Raspberry Pi向けに開発されたリモートコントローラー。Raspberry PiとBluetoothで通信し、openHAB、Home AssistantのようなホームオートメーションやKodiなどのメディアプレイヤーをリモコン操作できるようになる。

Remodo X
Remodo X

Remodo Xのセットアップは、スマートフォンやタブレットPCにインストールした専用アプリで行う。プリセットされているので、ペアリングするだけでセットアップできる。操作ボタンは4つあり、ボタンの短押しと長押しの組み合わせで、8つの異なるシーンに合わせた設定ができる。

Remodo X

また、スマートデバイスのHIDコマンドを擬似コードで書いてRemodo Xのボタンをプログラムすることもでき、ボタンを押すとSNSアプリ画面の上下左右スクロールやシェアなどができるようにすることも可能だ。さらに、専用アプリのFind Me機能を使えば、Remodo Xをどこに置いたか分からなくなっても、ブザーを鳴動させて見つけることができる。

Remodo X

Remodo Xの大きさは114×36×13mmで、重さは37g。色はグレーまたはオレンジから選べる。電源として使用するのは単4電池2本だ。遮る物がない状態でのBluetooth最大通信距離は30メートル。Remodo Xは赤外線リモコン機能も備えており、さまざまな家電で使うこともできる。赤外線の最大到達距離は10メートルだ。

Remodo Xの価格は、220香港ドル(約3000円)。出荷は2021年4月の予定で、日本への送料は80香港ドル(約1100円)だ。ただし、日本国内で無線電波を発射するには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

Remodo Xは5万香港ドル(約68万円)を目標に、2020年11月24日までクラウドファンディングを実施する。2020年11月5日時点で約4万9000香港ドル(約66万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る