新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4つのボタンでアプリを操作——Raspberry Pi用Bluetoothリモコン「Remodo X」

Raspberry Piアプリを操作するリモートコントローラー「Remodo X」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Remodo Xは、Raspberry Pi向けに開発されたリモートコントローラー。Raspberry PiとBluetoothで通信し、openHAB、Home AssistantのようなホームオートメーションやKodiなどのメディアプレイヤーをリモコン操作できるようになる。

Remodo X
Remodo X

Remodo Xのセットアップは、スマートフォンやタブレットPCにインストールした専用アプリで行う。プリセットされているので、ペアリングするだけでセットアップできる。操作ボタンは4つあり、ボタンの短押しと長押しの組み合わせで、8つの異なるシーンに合わせた設定ができる。

Remodo X

また、スマートデバイスのHIDコマンドを擬似コードで書いてRemodo Xのボタンをプログラムすることもでき、ボタンを押すとSNSアプリ画面の上下左右スクロールやシェアなどができるようにすることも可能だ。さらに、専用アプリのFind Me機能を使えば、Remodo Xをどこに置いたか分からなくなっても、ブザーを鳴動させて見つけることができる。

Remodo X

Remodo Xの大きさは114×36×13mmで、重さは37g。色はグレーまたはオレンジから選べる。電源として使用するのは単4電池2本だ。遮る物がない状態でのBluetooth最大通信距離は30メートル。Remodo Xは赤外線リモコン機能も備えており、さまざまな家電で使うこともできる。赤外線の最大到達距離は10メートルだ。

Remodo Xの価格は、220香港ドル(約3000円)。出荷は2021年4月の予定で、日本への送料は80香港ドル(約1100円)だ。ただし、日本国内で無線電波を発射するには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

Remodo Xは5万香港ドル(約68万円)を目標に、2020年11月24日までクラウドファンディングを実施する。2020年11月5日時点で約4万9000香港ドル(約66万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  3. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  4. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  9. グラフェンから無限の電力を引き出す、小型デバイス向けエナジーハーベスト回路を開発
  10. レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る