新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1000万色以上のフルカラー造形を実現する小型3Dプリンター「3DUJ-2207」

ミマキエンジニアリングは、小型フルカラー3Dプリンターのエントリーモデル「3DUJ-2207」を発表した。2021年1月から販売を開始する。

3DUJ-2207は、UV硬化インクジェット方式を採用し、1000万色以上のフルカラー造形が可能な3Dプリンターだ。カラーインク(CMYK、ホワイト、クリア)で造形着色することで、ジャパンカラーに対して89%の色域をカバーできる。

透明度の高いカラーインクで造形するため、美しい色彩を表現できる。クリアインクを用いた透明表現だけでなく、クリアインクとカラーインクを同時に使用することで、半透明のカラー表現も可能だ。

また、一度に三つのドットサイズにインクを打ち分けるバリアブルドット機能を搭載。常に最適なドロップサイズで造形可能で、粒状感の少ないグラデーション表現にも対応できる。

インクにアクリル系樹脂を使用しており、ドリルなどを使用した穴開けやネジの取り付けが可能だ。オーバーコートも使用できるため、表面をなめらかな仕上がりにしつつ、耐候性も高められる。

サイズは1355×1290×856mmで、重量は140kg。造形領域は203×203×76mmで、対応する3DデータフォーマットはSTL/OBJ/VRML/PLY/3MFだ。価格は348万円(税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る