新しいものづくりがわかるメディア

RSS


次世代型アバターロボット「ugo」に新モデル「ugo Stand」「ugo R」が誕生

Mira Roboticsは、アバターロボット「ugo」の新モデル「ugo Stand」「ugo R」を発表した。

Ugoは、2本のアームと高さ調整により、遠隔でさまざまな業務を遂行できるアバターロボットだ。AI学習機能を利用した自動モードも搭載しており、従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の特徴を兼ね備えている。従来モデルのugoは「ugo Pro」と名称を変更し、今後は3モデルで展開していくという。

これらの3モデルは、大成が展開する次世代DX警備ソリューション向けモデルでも採用される予定だ。実証実験の結果、機能を絞ったモデルが警備業務の中で運用できることが判明したという。 Mira Roboticsは、機能を絞ることで低価格で提供でき、導入コストが抑えられるとの考えを示している。

新モデルのうちugo Standは、フロア移動の必要ない場所にリーズナブルな価格で購入できるエントリーモデルで、空間に溶け込むインテリアのようなデザインが特徴だ。一方、ugo Rは、アームを使った軽作業やフロア移動が可能な標準モデルで、エレベーターへの搭乗もできる。従来モデルのugo Proは、約2mの高さから床面近くまでの高さを調整可能なアームで、広範囲な作業エリアをカバーする高機能モデルだ。

なおMira Roboticsは、ugoがNTTドコモの5Gパートナーソリューションに採用されたことも発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る