新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エンジンの音で故障を診断するスマホアプリを開発中

チェコの自動車メーカーŠkoda Autoは、2020年10月7日、エンジンの音で故障を診断するスマートフォンアプリを開発していると発表した。このアプリは「Sound Analyser」と名付けられ、走行中に車から発生したノイズを録音し、AIを使って保存済みの音源パターンと比較して、メンテナンスの必要性の有無を判断するという。一般的なスマートフォンやタブレットにインストールしたSound Analyserで車両整備の必要性を診断できれば、整備士が詳細な診断を下す際のサポートにもなりそうだ。

プログラムはニューラルネットワークアルゴリズムをベースとしており、録音した音源ファイルを視覚的に音声信号を表現するスペクトログラムに変換する。これをAIによってアーカイブ音源と比較して偏差を識別し、そのパターンからメンテナンスや修理の必要性を分類する仕組みだ。

プログラム自体は非常に複雑だが、操作は直感的に行うことができるように設計されている。走行中に発生した音をスマートフォンで録音するだけで、音から推測される原因が具体的に提示される。

Sound Analyserは、ステアリングシステム、エアコンコンプレッサー、ダイレクトシフトギアボックス(DSG)のクラッチなどを含むコンポーネントに関して10パターン、90%以上の精度で診断できるようだ。

Sound Analyserは、2019年6月からドイツ、ロシア、オーストリア、フランスを含む14カ国でトライアルが実施されている。同社の245のディーラーがパイロットプロジェクトに参加し、ソフトウェアが「学習」するためのノイズ録音に協力したという。同社は、将来的にはセンサーを利用してメンテナンスを予測して知らせるようなシステム開発や、車両に設置されたオンライン接続機能を利用して担当ガレージに直接予約を取る仕組みも可能になるだろうとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る