新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バニリンで動くエコロジーな液体電池を開発

オーストリアのグラーツ工科大学は、バニラビーンズを使ったスイーツの甘い香りの主成分であるバニリンが、液体電池の電解質材料にもなることを発見した。分離および精製プロセスは特許を取得しており、研究成果は化学ジャーナル『Angewandte Chemie』に掲載されている。

研究者らは、液体電解質にオーストリアのバニラクロワッサンの重要な成分であるバニリンを使うことで、生態系に有害な重金属や希土類を含まないレドックスフロー電池を作ることに成功した。これは、環境に優しく持続可能な電力貯蔵技術に向けた重要な一歩になるという。

お菓子の香り付けや香水の原料などに使われているバニリンは、バニラビーンズやアルコールで抽出したバニラエッセンスなどの形で売られているが、木材パルプ製造や製紙工程で出る副生成物のリグニンから合成することもできる。

精製プロセスは大規模化が可能で、連続生産に適しているため、研究者らはこの技術を商用化したいと考えている。論文の責任著者のStefan Spirk教授は、「我々の工場とパルプ工場をつなぎ、廃棄物として残っているリグニンからバニリンを分離する計画を持っている。紙製品の大手メーカーと具体的な話を進めており、この技術に大きな関心を示している」と話している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る