新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

初心者でも楽しみながらプログラミングを学ぶことができるポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」がKickstarterに登場し、わずか4時間で目標額の調達に成功している。

photo

Xtron Proは、レトロゲームのプログラミングやIoTデバイスの試作を通じて遊びながら学べるポータブルゲームコンソール。充実した内蔵機能や、オプションのセンサー/電子モジュールを活用しさまざまなアプリケーションに対応できる。

photo

Xtron Proは1.8インチTFTスクリーンや拡張インタフェース、USB-Cポートなどを備えるコアと、十字キーとABボタンを備えるゲームパッドに分かれており、コアとゲームパッドは磁気ポゴピンコネクターで接続する。

photo

コアは高精度のIMU(慣性計測装置)を内蔵し、コアを回転することでポートレート/ランドスケープモードの切り替えや、ボタンを使わないモーションコントロールも可能。他にもレトロゲームのダウンロードや、直接ゲームをデザイン、コード、プレイできるMicrosoft提供の「TileCode」にも対応する。

photo

Xtron Proのコアには、16MBフラッシュやRTC(リアルタイムクロック)、IMU(慣性計測装置)、振動モーター、スピーカー/マイク、Wi-Fi機能、バッテリーなどを内蔵。16MBフラッシュには基本のブートローダーに加え、複数のゲーム用ファームウェアをストア、ブラウズ、ロードに便利なファイルシステムを書き込んでいる。アップグレードする場合は、USB-CケーブルでPCと接続しファームウェアをディスクにコピーして対応する。

photo

また、初心者向けのソフトウェアプラットフォーム「Xmaker」を独自で開発。MakeCodeをベースにXtron Pro向けの機能、「watch-related」、「IoT」、「音声認識」などを追加している。付属のリストバンドとシリコンケースと組み合わせてスマートウォッチにしたり、歩数計やカウントダウンタイマー、音声認識アプリケーションなどを試作したりできる。

photo

ゲームパッドのサイズは82×53×22mm、コアのサイズは53×53×13mmだ。

photo

Xtron Proは、今なら数量限定の早割価格95カナダドル(約7600円)で入手できる。本体の他、シリコンケース、リストバンド、USB-Cケーブルが付属する。出荷は2021年1月の予定で、15カナダドル(約1210円)で日本への出荷に対応する。

Xtron Proは、2020年11月27日までクラウドファンディングを実施中。11月16日時点で、1万カナダドル(約80万円)の目標額を上回る約10万カナダドル(約800万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る