新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

初心者でも楽しみながらプログラミングを学ぶことができるポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」がKickstarterに登場し、わずか4時間で目標額の調達に成功している。

photo

Xtron Proは、レトロゲームのプログラミングやIoTデバイスの試作を通じて遊びながら学べるポータブルゲームコンソール。充実した内蔵機能や、オプションのセンサー/電子モジュールを活用しさまざまなアプリケーションに対応できる。

photo

Xtron Proは1.8インチTFTスクリーンや拡張インタフェース、USB-Cポートなどを備えるコアと、十字キーとABボタンを備えるゲームパッドに分かれており、コアとゲームパッドは磁気ポゴピンコネクターで接続する。

photo

コアは高精度のIMU(慣性計測装置)を内蔵し、コアを回転することでポートレート/ランドスケープモードの切り替えや、ボタンを使わないモーションコントロールも可能。他にもレトロゲームのダウンロードや、直接ゲームをデザイン、コード、プレイできるMicrosoft提供の「TileCode」にも対応する。

photo

Xtron Proのコアには、16MBフラッシュやRTC(リアルタイムクロック)、IMU(慣性計測装置)、振動モーター、スピーカー/マイク、Wi-Fi機能、バッテリーなどを内蔵。16MBフラッシュには基本のブートローダーに加え、複数のゲーム用ファームウェアをストア、ブラウズ、ロードに便利なファイルシステムを書き込んでいる。アップグレードする場合は、USB-CケーブルでPCと接続しファームウェアをディスクにコピーして対応する。

photo

また、初心者向けのソフトウェアプラットフォーム「Xmaker」を独自で開発。MakeCodeをベースにXtron Pro向けの機能、「watch-related」、「IoT」、「音声認識」などを追加している。付属のリストバンドとシリコンケースと組み合わせてスマートウォッチにしたり、歩数計やカウントダウンタイマー、音声認識アプリケーションなどを試作したりできる。

photo

ゲームパッドのサイズは82×53×22mm、コアのサイズは53×53×13mmだ。

photo

Xtron Proは、今なら数量限定の早割価格95カナダドル(約7600円)で入手できる。本体の他、シリコンケース、リストバンド、USB-Cケーブルが付属する。出荷は2021年1月の予定で、15カナダドル(約1210円)で日本への出荷に対応する。

Xtron Proは、2020年11月27日までクラウドファンディングを実施中。11月16日時点で、1万カナダドル(約80万円)の目標額を上回る約10万カナダドル(約800万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  3. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  6. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  7. 絶望と芸術のあいだ、3Dプリンターから爆誕した“もじゃもじゃ”写真を募集中
  8. 観光だけじゃない!FabとTechでコミュニティを育む函館 #ジモトをつくる
  9. 「Nature Remo」「Nature Remo E」がシリーズ累計販売台数30万台を突破
  10. 鉄工所が展開する溶接体験テーマパークが栃木県内にオープン、今後も他地域へ展開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る