新しいものづくりがわかるメディア

RSS


芝浦工業大学、印刷によって紙を自律的に折り畳む技術を開発

芝浦工業大学が、インクジェット印刷によって紙を自律的に折り畳むことができる技術を開発した。

発表によると、標準的なインクジェットプリンターのインクカートリッジに薬液を入れて、紙に直線を印刷。するとその線を起点にして紙が自動的に折り畳まれる。濃度の違う薬液を使えば、折り畳みの順序を制御することもできる。同技術は植物の駆動メカニズムを模倣したもので、紙のセルロース繊維と印刷する薬液の反応をエネルギーとすることで自律的に立体構造が形成されるとしている。

薬液を入れたインクカートリッジの種類を増やすことでより複雑な折り畳み動作をプログラミングできる可能性があるという。

構造や動きを印刷することで、柔らかくてもろい製品の立体的な包装や、太陽電池パネルを常に太陽に向かせる機構などへの応用が期待されるという。

同大学では今後、今回の技術と以前に発表した「電気配線を普通のプリンターで紙に印刷する方法」を組み合わせた技術の開発に取り組み、短時間で簡単に電子部品や紙製ソフトロボットなどを製作できるようになることを目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る