新しいものづくりがわかるメディア

RSS


木製ブロックとスマホが連動——遊びながら文字を学べる知育玩具「ころぴゅーた」

RFIDタグを埋め込んだひらがなのブロックを転がしてリーダーで読み取り、情報をスマートフォンに転送して表示する知育玩具「ころぴゅーた」が、GREEN FUNDINGでプロジェクトを開始した。

photo

ころぴゅーたは、ひらがなが描かれた円形木製ブロックにRFIDが埋め込まれており、そのブロックを本体に入れて転がすことでリーダーが情報を読み取り、スマートフォンにデータを転送するものだ。スマートフォンでは専用アプリをインストールし、受け取った情報を使って、絵本形式のコンテンツ上などで遊びながら文字や言葉を学ぶことができる。

photo

サイズは32×26×15cmで重量が4.2kg。本体の木製筐体にRFIDリーダーおよび充電ケーブルが付属する。本体はブナ材を使用し、スマートフォンとRFIDリーダーはBluetoothで通信する。

photo

支援とリターンは、超超早割(限定80個)30%OFF 3万8500円、超早割(限定80個)25%OFF 4万1250円、プレゼント用スマホ付きセット(限定5個)6万2000円などが用意されている。

photo

なお、同製品は2020年11月16日「BabyTech Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷」の「学びと遊び部門」にて優秀賞を受賞した。また、2020年11月26日~27日に開催される「保育博 2020」、および同月30日から3ヵ月の間「次世代型ショールーム 蔦屋家電+」にて同玩具の展示を行う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る