新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Autodesk、3Dプリント/3D CAD制作ソフト「Fusion 360」の新規エクステンション4種をリリースへ

クラウドベースの3Dプリント/3D CAD制作ソフト「Fusion 360」を提供するAutodeskが2020年11月25日、シミュレーションやネスティング、データ管理向けの「Fusion 360 エクステンション」を2021年にリリースすると発表した。

リリースされる新規エクステンションは、管理エクステンション、積層シミュレーションエクステンション、ネスティング及びファブリケーションエクステンション、射出成形エクステンションの4種類だ。

管理エクステンションを使えば、より洗練された製品データやライフサイクル管理機能が可能になる。自動パーツ番号、ECO、プロセスワークフローなどにより、生産効率が向上する。これまでデータ管理の導入には数週間の期間と高コストなセットアップが必要だったが、自動データ管理により3秒以内に稼働できるようになる。

積層シミュレーションエクステンションでは、Netfabbのシミュレーションテクノロジーを利用した金属積層シミュレーションにより、金属積層造形の設計と多数の関連変数を事前に評価した上でプリンターに送信できる。設計/積層設定が製造可能なことを事前に確認することで、高コストな失敗の回避も可能になる。

ネスティング及びファブリケーションエクステンションは、材料の厚さなどに基づいてシートメタル設計を集約/ネスティングすることで、ファブリケーションプロセスの効率を向上できる。シートメタル設計レイアウトの最適化を通じて、生産量を最大化すると同時に無駄を最小限に抑えられる。

射出成形エクステンションにより、プラスチックパーツの設計が適切に製造可能なことを事前に評価した上での射出成形機への送信が可能になる。プラスチック設計の製造可能性に関する知見を製品開発プロセスの早い段階で設計者とエンジニアに提供することで、サイクルと反復の回数を削減し、結果的に市場投入までの時間を短縮できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る