新しいものづくりがわかるメディア

RSS


正しい答えは?——小学校1年生向けの算数問題がネットをざわつかせる

子どもに算数を教えるときの表現方法をめぐって、インターネット上でちょっとした議論になっている。

事の発端は1人のニューヨーカーがツイートした小学1年生の算数のワークブックの写真。ワークブックには、2本のバナナと3個のオレンジ(トマトだという意見もある)の入ったバスケットと空のバスケットが描かれ、問題文には「算数の絵(math drawing)を使ってふたつの絵を同じにしなさい。それらを=で結び、本当の式を作りなさい」と書かれている。投稿された写真には、「ここで子どもが何をすべきか、私には僅かな手掛かりさえない」というコメントが添えられている。

このツイートに対しては、「エンジニアリングと航空宇宙工学の2つの学位を持っているが、『算数の絵』なんてきいたことがない」、「空のバスケットにフルーツを5個描いて、5=0+5とすればいい」、「これは分数と代数の初歩を教えるための完璧な演習だ。オレンジを半分にして、バナナ1本とオレンジ1個半を右のバスケットに移して等号で結べば良い」、「フルーツの絵を描くことが算数を学ぶのにどのように役立つか、私には理解できない。バナナやオレンジの絵ではなく、『算数の絵』とは一体何なのだろう?」など、具体的な「解法」から教育のあり方まで様々な意見が寄せられている。

諸説紛々といった状態だが、目立つのは「算数の絵」という表現の意味を巡るツイートだ。ツイートの中には、「あなた方は文脈というものを見失っている。この演習は家でやるものなのか、それとも教室で考えるものか。ワークブックにそれ以上の説明がないなら、これは教室で先生と一緒にやる問題なのでは」と、指摘するものもある。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る