新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マックでAIプログラミング——スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのAIプログラム学習キット(Mac版)」発売

スペクトラム・テクノロジーは、「はじめてのAIプログラム学習キット(Mac版)」を発売した。Macを使って、Pythonやtensorflowの基礎を学習できる。ゲームから画像認識まで事例を多数掲載し、初心者から上級者まで利用できるキットだ。

photo

はじめてのAIプログラム学習キットは、ディープラーニングやPythonのプログラミングを修得したい学生や社会人、ディープラーニングをビジネスに活用したいと考えている人などを主な対象としたソフトウェアパッケージだ。

photo

サンプルプログラムや練習問題によって、Tensorflowを動作させるためのPythonプログラムの基本的な学習や、さらに応用として、Tensorflowを使った文字認識(MNIST)や画像認識(CIFAR-10、IRIS)、自然言語処理(word2vec)、DNN(車両価格予測、不動産価格予測)などのプログラムを使ったディープラーニングの学習ができる。

photo

また、Tensorflow.jsのデモ事例として、パックマンゲームや絵文字ゲーム、音楽、スケッチなどをブラウザベースで体験できる。その他にもpytorchを使った画像認識例も体験可能だ。

photo

Mac bookやiMac、Mac Pro、Mac miniに対応する。提供される各種ソフトウェアは各自でインストールする必要があるが、初心者向けにプログラムのインストールを代行する、おまかせインストール(3万円)も用意している。

photo

キット内容はUSB 64GB、Python、Tensorflow、pytorchなど各種プログラム、設定/学習マニュアルとなり、14日間の無料サポートも付属し、価格は2万7000円だ。オプションとしてWebカメラ(HD 1080P、USBインタフェース、1万5000円)も用意されている(価格はすべて税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る